を議論した。

「光が一生差さない可能性もある」男性のレイプ被害者が訴え 性犯罪厳罰化でも残る課題

今年7月、110年ぶりに大きく改正された刑法。「強姦罪」が「強制性交等罪」に名称変更され、膣だけでなく肛門・口での性行為も構成要件となったほか、男性も対象となった。また、法定刑は「懲役3年以上」から「懲役5年以上」に引き上げられた。改正のわずか2週間後には、福岡県で飲食店経営の男(41)が男子中学生に強制的に性行為を行ったとして逮捕されている。しかし、被害者が受けた心の傷の問題は、そう簡単に解決するものではない。12日のAbemaTV『AbemaPrime』では、被害者と今後の課題を議論した。 「もちろん社会全体にとってはすごく大きな一歩だが、素直に”おめでとうございます”とは言えない。男性被害者への支援やカウンセラーは少なく、無知な人も多いので、勇気を出して告白しても茶化されたり、軽く扱われたりする可能性もある。そういうことがクリアされなければ先に進まない」。 今回の法改正について、レイプを経験した男性被害者の暗器使い(Twitter上での名前)さんはそう指摘する。 中学生時代、いじめの延長で性暴力の被害に遭ったという暗器使いさん。男性器にカッターを突きつけられ「早く射精しないと切り落とすよ」と脅され、女性生徒の前で自慰行為を強要されたこともあるという。「泣きながら死に物狂いで射精したことも何度もあった。女性の加害者のひとりが『リンチしながらの方が面白い』と提案、殴る蹴るの暴行を受けながら自慰行為をさせられこともあった」。 そして中学1年の夏、上級生からのレイプ被害に遭った。野球部の先輩の男性器を口に含まされ。首を絞められながら肛門をレイプされた。また、「いじめグループの3年生の主犯格のひとりに個人的に呼び出され、初めて強姦被害を受けた。被害は先輩が卒業するまで続いた」。 生まれつき重度の障害をもった兄がいた関係で、両親にはほとんど相談に乗ってもらえず、裸にさせられる様子を目撃した学校の先生も見てみぬふりをしたという。 いじめの中で受けた様々な肉体的・精神的暴力の中で「性暴力が一番つらかった」と話す暗器使いさん。慶應大学の若新雄純特任准教授は「殴ったり物を壊されたりという”目に見える被害”よりも、性的な部分で一瞬でも恥をかかせられたことの方が本人にとって重く、傷が深いこともある。心は元に戻らないのに、どうしても軽く見られてきた部分があるのではないかと思う」と話す。 性被害を受けた男性の心理的影響について、カウンセリングオフィス「Pomu」の心理カウンセラー・山口修喜氏は「男性の方はより恥の感情が強く、相談ができないというところがある。『すごく恥ずかしい。自分は弱いからだ』という気持ちになってしまう」と話す。被害者が少年の場合、さらに深い心の傷を負うこともあるといい、「性的な快感も体験してしまった、そのことで自分を責めることにつながる」と指摘する。 大阪に住むヤマトミライさん(Twitter上での名前)は、20歳だった短大生の時、友人の知り合いだった少年3人に車で拉致され集団レイプの被害に遭った。事件後、自殺を考えるほどの絶望感に襲われ、加害者を殺す計画を立てるなど憎しみの感情を抱いた時期もあったというが、現在は性被害者への支援活動を行っている。 「男性が痴漢にあったり、サウナで下半身を触られたりしても、警察では男性の被害は軽く扱われるケースも多い。女同士でも、胸などを触ってもいいじゃないという人もいるが、本当は嫌だと思う人もいるかもしれない。今までは”同性だから”と甘えていた部分もあった言動について、これからは気をつけていかないといけない」と指摘、性暴力は性別や性的指向に関係なく、日々の発言の中からでも起こりうるとした。 さらに未成年者向けの講演も行うというヤマトミライさんは、日本の性教育の課題を感じていると話す。 「どうしたら性暴力に遭わないかの説明をしたくも、その前にセックスそのものについて教えるのに時間を取られてしまうので難しさを感じている。しかし、ちゃんと性教育を受けていないので、何をされたかがわからないまま、快感を覚えてしまうこともあるので、被害にあったことさえ気づかない場合もある。そして、後になって”自分は異常なんだ”と自分を責めたり、異常な性行動に走ってしまったりする被害者もいる。それを逆手に取って、”言わないだろう”とか”教わってないからわからないだろう”ということで加害に及ぶ人もいる。もしみんなが性教育を受け、性犯罪への対処法を知っていれば、解決できたケースもあると思う。性暴力が性的に触るだけではなく、聞かせたり見せたりすることも性暴力になる。パンツを脱がせられた子や、みたくないのに見た子も被害者。男性が女性からの性暴力に遭うこともある。そういうことも認識していかないといけないと思う」。 コラムニストの河崎環氏は「男性同士の問題を大人がきちんと扱えないのだろう。持ち込まれて困るので、”まあまあ”とか、”お前ゲイなのか?”みたいに流してしまうことが長く続いてきたと思う。日本特有だ。また、生活には性愛というものがあり、愛し合えば当然その表現としてスキンシップがある。でも、ここから先はやっちゃいけないとか、そういうことを知るチャンスをやたらと無くしてしまおうとしている社会だと思う。だから思春期に、自分のよくわからないモヤモヤ、性的な関心をいじめのツールに使ってしまう歪みも出てくるのではないか。そして大人はそれを見ちゃいけないものだとか、無かったことにしようとしています。性がこんなに封じ込められて、歪んだ形で暴発する社会は気持ち悪くないですか?」と憤った。 暗器使いさんの話を聞いて、「男性のサバイバーさんがこうして証言してくれるのは本当に貴重なことだ」と話すヤマトミライさん。 暗器使いさんは「一生孤立したまま死んでいく人もいる。いろんなことを頑張ろうとして、できなかった人もいる。前向きな言葉や、”いつか光が差すかもしれない”という風にまとめられることで傷付き、別の犯罪や自殺に走ってしまうことがあることも承知してほしいなと思う。僕にも光が差さない可能性はある。今も加害者への恨みもあるし、復讐したい気持ちもある。もう刑事罰を与えられないという思いで、一生苦しみは続くかもしれない。”生きてて良かった”と一生言えないまま死んでいく人や、自殺する被害者もいるので、希望を語るのもいいけど、そうでない人のことをどうするかも考えてほしい」と訴えた。  

Read more
呈している。

白鵬の帰化計画が白紙か 父親が日馬富士の暴行事件で激怒との噂

「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に? 日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。 白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、 「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者) 白鵬が引退後に親方になるためには日本への帰化が必須だが、これまで父は息子の帰化に一貫して反対してきた。それが今年に入り態度が軟化、夏ごろには“白鵬、帰化を決意”といった記事がスポーツ紙にも掲載された。 しかし、今回の事件に激怒した父は、「帰化計画は白紙に戻せ」と白鵬に告げたという。 「白鵬の目標は親方になることだけではなく、仲間を募って“モンゴル一門”を結成し、まずは協会の理事になること。そして、最終的には協会の理事長になりたいという野望を持っている。しかし、全ては日本国籍を取得してからの話ですので、父親から“帰化計画は白紙”と言われ、相当焦っているようです」(同) 日馬富士のみならず、白鵬の将来にも波及する今回の事件。12月14日発売の週刊新潮では、白鵬の勘違い美人妻の振る舞いや、貴ノ岩の「診断書」を作成した病院と相撲協会ナンバー2との関係と共に、事件を6ページで特集する。

Read more
いうのだ。

赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀社「体液が漏れ出るのを防ぐ措置」

赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀会社の説明は… ある葬儀会社が行った処置が問題となっている。司法解剖を終えて両親のもとに戻ってきた男の子の遺体の頭に、コンビニエンスストアのレジ袋がかぶせられていたというのだ。 赤ちゃんの遺体には、思いもよらぬものがかぶされていた。耳を疑う行為が発覚したのは、神戸市の葬儀会社。今年10月に突然死した赤ちゃんを遺族に引き渡す際、頭にレジ袋をかぶせていたという。それも医療用などではなく、コンビニなどで使われるものだという。なぜ、こんなことに。赤ちゃんは生後5カ月の男児。10月4日、自宅で寝ていたが、気付いたら息をしていなかったという。司法解剖の結果、事件性はなく、翌日の夕方には両親のもとに戻された。遺体は包帯を巻かれ、うっ血した状態。見かねた遺族が包帯を外すと、中にレジ袋がかぶせられていたという。こうした処置をしたのが警察から委託された葬儀会社。遺族や警察にこう説明しているという。 葬儀会社:「体液が漏れ出るのを防ぐ措置で、子どものサイズに合う袋がなかったため、コンビニのレジ袋を使った」 体液漏れについて、司法解剖を手掛ける医師は…。 杏林大学医学部・佐藤喜宣名誉教授:「当然ながら頭も開けているわけです。当然、縫った後に体液が漏れることは生じるわけですよね。それを止めるということは解剖したところでも考慮するが、袋を使うことはあるが、レジ袋を使うことは聞いたことはない」 葬儀の際、遺体を整える納棺師もレジ袋については…。 5000件ほどの納棺経験を持つ納棺師:「モラルがないというか正直、レジ袋を使うというのはあり得ない。家族は包帯をほどいて見ることはないから大丈夫だろうということだと思う」 母親はこう訴える。 亡くなった男児の母親:「なぜコンビニの袋なんですかと。人として扱われていないんだろうなと」 兵庫県警は「不適切な取り扱いで、再発防止に努める」などとコメントしている。

Read more
と報じられ

韓国人の父親に捨てられたフィリピンの子ども「コピノ」 少なくとも3万人か

2017年12月13日、環球網によると、韓国人の父親から捨てられた子どもがフィリピンに多数存在するとの記事を韓国のサイトが掲載した。 記事によると、仕事や留学などでフィリピンを訪れ、現地女性と関係を持ち、子どもをつくりながら、母子ともに置き去りにし帰国してしまう韓国人男性は少なくない。ある統計では、そうして捨てられた子どもは少なくとも3万人はいるという。 こうした子どもは、現地では「コピノ」(コリアンとフィリピノの合成語)と呼ばれ、増加の一途をたどっているという。養育費や国籍を手に入れるにはさまざまな障害があり、多くは貧しい生活を強いられているようだ。 コピノが増加する背景について、記事は1990年代からフィリピンを中心とした東南アジア向けの貿易や投資が韓国で急増し、出張や駐在するビジネスマンが増えたことを指摘。また、フィリピンは英語学習や大学の学費が割安なことから、留学する韓国人も多いという。 フィリピンのある非営利団体(NPO)はこうした母子の生活支援や、父親から養育費が得られるように支援したり、情報提供に力を貸したりしている。成長した子どもが父親探しをするケースもあるという。(翻訳・編集/岡田)

Read more
と謝罪した。

太川陽介が妻・藤吉久美子の不倫疑惑で会見「離婚しない、守る」

俳優の太川陽介(58)が14日、都内の所属事務所で会見。きのう13日に『文春オンライン』で、妻で女優の藤吉久美子(56)の不倫疑惑が報じられたことを受け、報道陣の取材に対応すると「今回は、ウチのバカもんが軽率な行動をとってこんな騒ぎになって…。本当に申し訳ないと思っております」と謝罪した。 【動画】謝罪会見 ラストは「ルイルイ」で締める 太川と藤吉は、ドラマ共演をきっかけに知り合い、1995年に結婚。2001年には、長男が誕生し、芸能界の“オシドリ夫婦”として親しまれていた。今回の騒動は、太川にとって寝耳に水。不倫疑惑のネタをつかんだ『週刊文春』の記者から直撃を受けた際には「えぇ!?」と驚きを隠せなかったという。 続けて「それはショックで…。(記者に)なにを聞かれたか、当時のことを覚えていないくらい」と回顧。「カミさんが帰ってきて『説明しなさい』と。説明を聞くと『本当にバカもん!』と。一言聞く度に『バカもん! 何やってんだ』の連続でしたよ」。ショックな心境を隠すよう、明るい口調で気丈に振る舞っているのが印象的だった。 妻に一喝を入れたあとは「ホテルの件は、それはダメだよ。それはダメでしょう」と諭す一幕もあったという。猛省した様子の藤吉から「疑われるような軽率な行動をとってすみません。そういうの(不倫関係)じゃないから信じて下さい」と謝罪を受けたことも明かした。 ホテルで一夜を共にしたという報道に「誰が聞いたってクロでしょ!?」と、包み隠さず本音を打ち明けたが「彼女が言うので『よし分かった。信じる』と言った」ときっぱり語ると「(藤吉に)『これから大変だぞ。誰が聞いたってクロだと思うから、世間から厳しい目で見られる。だけど、僕が守るから。これで終わり』と言いました。我々の中ではそういう話になってます」と、夫として力強く語った。 離婚について話題が及ぶと「みんながみんな、そんな風(クロだと)に思っても僕は信じる。だって、カミさんだもん。離婚は僕からしないと言いました」と、最後まで姿勢を貫いた太川。自身の不倫を心配されると「ない! 大丈夫!」と即答で切り返し、最後にはおなじみの“ルイルイポーズ”を決めるなど、家族を守るよう明るい表情で会見を全うした。  

Read more

女子大生が自転車に乗ってスマホを操作 高齢女性が衝突され死亡

自転車でスマホ操作…衝突し高齢女性死亡 神奈川県川崎市で、スマートフォンを操作しながら自転車に乗っていた女子大学生が、歩行中の高齢女性と衝突し、女性が死亡していたことが分かった。警察は重過失致死の疑いで書類送検する方針。 警察によると今月7日、川崎市内の歩道で電動自転車に乗っていた女子大学生が、歩行者の高齢女性と出合い頭に衝突した。女性は頭を強く打ち、2日後に病院で死亡した。 女子大学生は事故当時、両手にそれぞれ、スマートフォンと飲み物を持ち、耳にはイヤホンをしていたということで、警察の調べに対し「女性に気がつかなかった」と話しているという。 警察は、女子大学生がスマートフォンを操作して前方を見ていなかったとして、重過失致死の疑いで書類送検する方針。

Read more
ています。

脱北者「南に強制的に拘束されている!早く北朝鮮に帰して!」ソウルでの国連記者会見に乱入し訴える

コンサートの年間動員数が60万人を超える、人気アイドルグループ『ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)』。 彼女たちに警視庁広報課 (@MPD_koho)が「本当にありがとう」とメッセージを送ったことが話題になっています。 いまでは、すっかり『モノノフ』になりました 2017年12月13日に行われた、ももクロのコンサート『ももいろクリスマス 2017』。 このイベントに参加したファンの中に、警視庁から招待された人たちがいました。彼らは、事件や交通事故で家族を亡くした子どもたちと、その家族です。 【企画課】ももいろクローバーZの皆さん本当にありがとう。今回もまた、事件や事故で家族を亡くした子ども達をコンサートに招待してもらいました。もう4度目、みんな立派なモノノフになりました!子ども達の成長には社会の温かい支えが必要です。サポートの輪がさらに広まりますように。 pic.twitter.com/9N5dAVHv6Q — 警視庁広報課 (@MPD_koho) December 13, 2017 これは、警視庁が行っている被害者支援の一環。 2015年から始まっているこの取り組みは、2017年12月14日現在で11回目をむかえ、ももクロのコンサートは4度目だといいます。 招待された人たちはコンサートの中でペンライトを振り、歌を口ずさみ、いまではすっかりモノノフ(ももクロの熱狂的なファン)になっているそうです。 この活動に、ファンをはじめ、さまざまな人からコメントが寄せられています。 ・とても素晴らしい取り組みだ! ・子どもが楽しんでいる姿を見ると、こちらまで嬉しくなってくる。 ・多くの人に笑顔を届けるのがももクロです。これからも、いろいろな人を笑顔にしてほしい。 被害者家族の心の痛みを和らげてくれる、素晴らしい取り組み。ぜひ、今後も続けてほしいですね!

Read more
があった。

脱北者「南に強制的に拘束されている!早く北朝鮮に帰して!」ソウルでの国連記者会見に乱入し訴える

韓国・ソウルで14日、脱北者の女性が国連(UN)の記者会見に乱入し、北朝鮮への帰国を認めるよう涙ながらに訴える一幕があった。 裁縫師として働くキム・リョンヒ(Kim Ryon-Hui)さんは7年前に韓国に入国。しかしその後は家族の元へ帰ろうとパスポートを偽造したり、国外追放されるべく自分はスパイだと偽証したりして、一時は収監されたこともあった。 キムさんは北朝鮮の人権問題を担当する国連のトマス・オヘア・キンタナ(Tomas Ojea Quintana)特別報告者による記者会見の場に現れ、記者団に対し「私は北朝鮮の平壌の市民だ」「強制的に南で7年間も拘束されている」と訴えた。 またキムさんは韓国政府が年老いた両親や娘の元に帰ることを妨害し、自身の人権を侵害していると非難した。 キムさんは「母親というものは一時たりとも娘から離れられないのに、7年というのはあまりにも苦痛だ」と声を震わせながら語り、自殺を図ったこともあると述べた。 ほとんどの脱北者は韓国到着から6か月後、韓国のパスポートが発給される。だがキムさんはいまだ受け取っておらず、韓国の情報当局者が「北に逃亡するかもしれない」と発言したと話している。【翻訳編集】 AFPBB News

Read more
宣言する。

イスラム原理主義組織「ハマス」が第3次インティファーダ(蜂起)の開始を宣言!

《 パレスチナで活動するイスラム教原理主義組織「ハマス」は、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認識する決定をとったことを受け、第3次インティファーダ(蜂起)の開始を宣言した。 アルカヌ報道官は、「我々は抵抗運動を続行し、米国を叩きのめし、彼らが自らの決定を廃止するため、第3次インティファーダの開始を宣言する。 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Read more
ください。

米グーグルが中国に人工知能(AI)研究拠点を設置へ…アジアでは初!

《 米グーグルは13日、中国に人工知能(AI)の研究拠点を設置すると明らかにした。 グーグルは声明で、こうした研究拠点の開設はアジアでは初めてだと説明。北京のオフィスで小規模のチームが業務を行うという。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Read more