の女性です。

32年間マクドナルドでポテトを揚げ続けた ダウン症の女性、皆に愛されて円満退職

の女性です。

2016年8月、アメリカのマサチューセッツ州にあるマクドナルドで1人の従業員の退職パーティーが盛大に行われました。パーティーの主役はフレイア・デイヴィッドさん、52歳。1984年から32年間、このマクドナルドでフライドポテトの調理を担当したフレイアさんはダウン症の女性です。

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

フレイアさんがマクドナルドで働き始めた当時、彼女の母親はうまく仕事が務まるかどうかとても心配していたのだそう。しかし、フレイアさんはこの仕事が大好きで、お店を訪れるお客さんたちも彼女のことが大好きだったということです。それから実に32年間、週に5日、彼女は美味しいフライドポテトを作り続けました。

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

しかし2016年に入ってから、母親はフレイアさんの物忘れが多くなってきたことに気が付きます。そして彼女に、もう仕事を辞める時だと説得したとのだそうです。

マクドナルドの仕事はフレイアさんにとって生きることそのものでした。そんな彼女の長年の頑張りを称え、また感謝のしるしとして、同僚たちによる退職パーティーが開かれたのです。

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

はじめは常連客など数人を招待してアットホームに開催される予定だったパーティー。フレイアさんの友人や親せき、近隣の住民、同僚そしてお客さんたちが大勢駆け付け、なんと総勢100名近くが集まって盛大に行われました!

フレイアさんには大きなケーキとフライドポテトの形をしたペンダントがプレゼントされました。

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

Posted by Charles River Center on Monday, August 29, 2016

フレイアさんのためにこんなにも多くの人たちが集まったのは、きっと彼女の人柄によるものでしょう。

マクドナルドのハンバーガーとポテト、そしてサンデーが大好きというフレイアさん。マクドナルドは彼女と母親に、今後マクドナルドでの食事を一生無料で提供することを約束したということです。

このようにダウン症の人が活き活きと働ける職場があることは本当に素晴らしいことだと思います。フレイアさん、32年間お疲れ様でした。