韓国のM4地震で『想像を遥かに超える被害』を出す惨事になった模様。街から逃げ出す人が続出 → 夜店の型抜きと同じ素材で建ててるのか?

11日午前5時3分に浦項(ポハン)

で地震が発生して、12日午前7時

現在までに浦項で負傷者40人、

施設34件で被害が出た事が集計

された。 

慶尚北道(キョンサンプクド)に

よれば、この日に浦項市 北区

(プクグ)の北西5km(鶴川里)

の地点で起きた規模4.6の地震は

昨年11月の地震から83回目の余震で、

この地震の後9件の余震があった事

が明らかになった。

今回の地震で40人が避難過程で怪我

をして現在5人が入院中で、私有施設

80ヵ所と公共施設54ヵ所でタイルの

落下、エレベーターの故障、

玄関ドアが開閉できないなどの被害が

受理された…

被害があった公共施設は学校47、

旅客船ターミナル1、

文化財(宝鏡寺)1、

浦項駅1、

その他4ヶ所などである。

原発7基は正常稼動中で、

5基は定期整備中である。 

フンヘ室内体育館には57世帯、

111人が避難した。

 

慶尚北道と浦項市は応急救護セット

160セットを用意して、

60個のテントを設置した。

 

また800人分の給食を支援して、

生活必需品も用意した。

 

赤十字災害心理相談員12人と

ボランティア28人も配置した。 

この日に慶尚北道と浦項市、

浦項建築業者、用役業者など

31人の点検団が被害建築物

63ヵ所に対する点検をした結果、

45ヶ所は支障なく17ヶ所は被害が

軽微、1件は独自点検中である事が

明らかになった。 

慶尚北道の関係者は、

 

「被害状況を把握して

 非常勤務を維持する」

 

と明らかにした。

引用元:http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0008440951

By http://japonism.info/archives/1314