明した。

安倍政権の強硬姿勢が『国内外から批判を喰らう』嫌すぎる展開に。国内からも韓国に同調する声が

明した。

2015年末の慰安婦をめぐる日韓合意は、

韓国は日本側に再交渉を求めない

ものの、日本が元慰安婦の名誉回復に

向けた

 

「努力を続けることを期待する」

 

ことを表明した。 

文在寅(ムン・ジェイン)政権として

は、国内世論と日韓関係のバランスを

取った苦肉の策ともいえそうだ。

 

韓国政府は日本政府に対して直接の

追加対応を要求しているわけでは

ない。

 

ただ、これまで合意の再交渉や、

検証プロセスに批判的だった韓国

メディアからは、日本側の責任を

指摘したり、新たな対応を主張

したりする声が噴出している。

合意の前提

 

「日本が約束した措置」

 

とは…?

東亜日報も河野氏の発言に反発。

 

合意には、

 

「日本が約束した措置が着実に実施

 されるということ」

 

という前提がついていたとして、

「日本は韓国で12・28合意が敬遠された

 責任がどこにあるかを振り返らなければ

 ならない」

 

と主張した。

その背景には2015年の合意直後に

安倍晋三首相が朴槿恵大統領に電話をかけ、

 

『謝罪と反省を表明している』

と言ったその瞬間以外は日本の真実を

ごまかそうとする姿勢に変化がなかった

などとして、

 

「日本が約束した措置」

 

が実行されなかったとの主張を

にじませた。 

ただ、合意履行の前提になっている

文言は、正確には日本政府の予算に

より、全ての元慰安婦の方々の心の傷

を癒やす措置を講じるというもの。

これは元慰安婦の支援を目的とした

財団を設立するために日本政府が資金

を拠出することを指しており、すでに

日本側は対応を完了している。

 

東亜日報が言う

 

「日本が約束した措置」

 

はすでに実行されているとみることも

できる。 

日本国内からも、日本側の対応を求める声

がわずかながら出ている。

朝日新聞は1月10日の社説で、韓国側の

対応を

 

「これでは合意が意味を失ってしまう

 恐れが強い」

 

と批判する一方で、元慰安婦への支援事業の

継続のための

 

「日韓両政府の協力の拡大」

 

の重要性を指摘。

 

「その意味では日本側も

 『1ミリたりとも合意を動かす考えはない』

 (菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは

 建設的ではない」

 

などとして、合意の範囲内での

 

「前向きな選択肢を考えるのは当然だ」

 

とした。 

星浩キャスター

 

「大人の対応が必要だと思いますね」 

中国の「天宮1号」、3月までに地球に落下

 

香港(CNN) 制御不能となって

いる中国の無人宇宙実験室

 

「天宮1号」

 

が3月末までに地球に落下する

見込みであることが6日までに

分かった。

人間に危険を及ぼす可能性は

非常に小さいが、宇宙大国を

目指す中国にとっては汚点に

なりそうだ。

米ハーバード・スミソニアン

天体物理学センターのジョナサン・

マクドウェル氏は、

 

「中国はPR上の失態を

 抱えている」

 

と指摘。

「実際の危険は少ないが、

 これほど大きな物体がこうした

 形で空から落下することが

 あってはならないというのが

 国際的な優良事例だ」

 

と述べた。

 


宇宙関連の専門家は、人間に危険

を及ぼす可能性はごくわずかだと

強調。

天宮1号の残骸が人間に当たる確率

は推定で1兆分の1以下の確率と

される。

 

大部分は大気圏突入時に海の上空で

燃え尽き、一部が海底に沈むのが

最も可能性の高いシナリオだ。

1月9日放送の「NEWS23」(TBS)

では、星浩キャスターが、環太平洋

パートナーシップ(TPP)を引き合いに、

選挙や政権交代で

「国際合意が見直されることがよくある」

 

と主張。

 

韓国側の立場を踏まえた

 

「大人の対応」

 

を求めた。 

「日本側は文在寅さんの置かれている

 立場とか韓国の事情だとかに耳を傾けて、

 どういう合意がありうるのかこれから

 どういう話し合いがありうるのかという

 のを一緒に考えていくという大人の対応

 が必要だと思いますね」 

 


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000010-jct-soci&p=2