森友学園を最初に追及した木村真豊中市議が、社民党の福島みずほ議員に本音を告白した動画が存在する。

動画流出!木村市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂と辻元清美元秘書も立会い

森友学園を最初に追及した木村真豊中市議が、社民党の福島みずほ議員に本音を告白した動画が存在する。

森友学園を最初に追及した木村真豊中市議が、社民党の福島みずほ議員に本音を告白した動画が存在する。しかも、その流出元は福島みずほ議員のフェイスブックだ。そこには辻元清美議員の元秘書にして元ピースボート職員の高槻市議も写り込んでいる。
木村真市議は、森友学園の土地取得問題を調べ始めた動機を「潰したかった」思想弾圧ともとれる告白をし、福島みずほ議員が慌てて制止する場面が収録されているのだ。

森友学園の現場

Posted by Mizuho Fukushima on Saturday, March 11, 2017

公職である市議が、保守が運営する学校を潰そうという意思で調査を始めていたのならば、これは思想弾圧ではないだろうか?

福島議員と木村市議の発言

問題の動画はfacebookのライブ配信で撮影されており、音声が聞き取りにくい。聞き取りにくいが何度も繰り返し再生して視聴した結果以下のような内容と判明した。

要約すると、森友学園問題を調査した目的は「保守の学校を潰すため」という事だ。木村真市議は過去にテレビ番組のインタビューで、教育勅語を教える森友学園が小学校を建設しようとしたことに対して「普通じゃない学校ができる」と答えており、森友学園潰しを画策していたのではないかという話はあったので、この動画で確定的となったと言えるだろう。

余談ではあるが、この動画は例の「福島やんけ、朝鮮学校叩いてみいや!」と同日の出来事であり、福島瑞穂議員の後ろに移っている男性は服部良一元衆議院議員だ。
参考:【衝撃動画】福島瑞穂議員に朝鮮学校問題を直撃!割って入る男性の正体はあの人!

辻本清美、関西生コン、木村真

ここにきて、民進党の辻本清美議員が関係する、関西生コン連合を通じて小学校建設現場に作業員を送り込んでいたという疑惑が浮上。同時に木村真市議が、関西地区生コン支部と地方議員ネットワークの副代表であることも指摘されている。
この指摘を受けて、民進党は辻本清美議員が森友学園潰しに加担したという情報を流さないように、マスコミ各社に圧力をかけている。実際に、籠池諄子夫人が安倍昭恵夫人にあてたメールの中に辻本清美議員の嫌がらせに言及した部分があり、その全文公開を中止したマスコミもある。

今回掲載した動画にも辻元清美議員に関係する人物が写っている。動画の冒頭のみであるが、よく聞くと福島瑞穂議員が「高槻市の川口洋一さん」と男性を紹介している。

この川口洋一さん、フェイスブックで検索すると職業は高槻市議会議員で、以前の職場はピースボートとなっている。軽くググってみると辻元清美議員の元秘書という情報まで出てくる。

おやおや、ここでも「辻本議員−木村市議」のコンボが成立しているではありませんか。
保守の学校法人を潰すために、辻元清美議員の元秘書を含む現職の市議が動いていたという証拠になるのでは?

森友学園に大きな問題があるのは事実ではあるが、現役の市議と国会議員が思想弾圧のために粗さがしを始めていたのなら大問題だ。

掲示板、まとめサイト転載歓迎、要引用URL。動画での転載はお断りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。