ロシアの船が停泊していて、肝っ玉母ちゃんぽいロシアの女性がカタコトでワーワー何か言って半拉致状態で船に乗せられた

長文すみません。

主に漁船を対象とした船舶電装関係の仕事をしており、

日本海側の港をベースとしている。

スゴイ昔だが、ロシアの船が停泊していて、

肝っ玉母ちゃんぽいロシアの女性が、
作業服着ている日本人に片っ端からカタコトでワーワー何か言ってた。

要約すると、補機との連係がうまくいかない電気トラブルで、周辺にいた港の顔見知りが

全員俺を指差し、ロシア母ちゃんに半拉致状態で船に乗せられた。

修理が長引きそうな場合、出港し海上で修理しながら漁業に付き合うことも多いので、

今回はさすがに日本にもう戻れないと覚悟した。

 

次ページに続きます。

機関室に移動中、主機が駆動、船がポンポンポンと動き始めたため、

「あー終わりだ。これを機にロシア語覚えないと」

と思いながら、補機の連係操作盤を確認した。

表示がロシア語だが、何とか理解でき、故障箇所を特定。 駆動伝達と電気の系統図を

書いて、修理に関する説明を身振り手振りで説明。 屈強な若目のロシア兄さんが、

何か理解したみたいで、部品を持ってきて一緒に交換。

その他異常がないかのチェックも行い、補機への連係も無事できた。

ロシア母ちゃんからロシア兄さん達が大勢集まり、ニコニコしながらワーワー言ってた。

その時は、

「イイ電気技師が手に入ったゾ ハラショー」

って思ってんだろうなーと引き攣り笑いをしていた。

連れられて外に出ると、元の漁港で思わず涙が出た。

何か北に拉致されて帰ってきた感じなので、漁港の皆もそんな雰囲気で迎えてくれた。

 

次ページに続きます。
ロシア母ちゃんが、ルーブルを渡してきたが、何故か中国語で「不要謝謝」と言ったのを
覚えている。
代わりだと思うが、サカナをいっぱい頂いた。 今年も荒巻ジャケを見ながら、
ロシアとの交流を思い出した次第です。

http://koremite.info/archives/120/3